MENU
アーカイブ
はっさー
こんにちは、はっさーです。
看護師をしながらブログに奮闘中です。少しでも参考になったり、興味を持ってくれるような記事をかけるよう頑張っていきます!

モペットに乗って街をもっと楽しく!必要な免許から注意点まで徹底解説

  • URLをコピーしました!
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

「風を感じながら、颯爽と走り抜ける。」

モペットに乗ると、そんな気分になれるのではないでしょうか。モペットは、自転車のようにペダルをこぐこともでき、電動モーターで走行することもできる乗り物です。そのため、自転車よりもラクに、バイクよりも手軽に、街中を移動することができます。

モペットのメリットは、以下のとおりです。

  • 免許さえあれば運転できる
  • 車両税や自賠責保険料が安い
  • 小回りがきく
  • 排気ガスが少なく、環境にやさしい

モペットは、通勤や通学、買い物など、近距離の移動に便利な乗り物です。車の免許を持っていない人でも運転できるため、近年人気が高まっています。

自分に合った乗り方を見つけて、ぜひモペットライフを楽しんでみましょう!

目次

モペットとは何か?

はっさー

モペットとは、自転車のようにペダルをこぐこともでき、電動モーターのみで走行することもできるペダル付き電動自転車です。

そのため、電動アシスト自転車よりも長距離の移動が可能ですが、高速道路や自動車専用道路は走行できません。また、雨や風の影響を受けやすいという特徴もあります。

一方、電動アシスト自転車は、電動モーターがあくまでも補助的な役割を果たすため、最高速度が一般的に24km/hに制限されています。また、長距離の移動には向いていませんが、雨や風の影響を受けにくいという特徴があります。

どちらの乗り物が自分に適しているかは、用途や好みによって異なります。長距離の移動や、天候に左右されずに運転したい場合は、電動アシスト自転車がおすすめです。

モペットと電動アシスト自転車の違いは、以下のとおりです。

項目       モペット       電動アシスト自転車
定義排気量が50cc以下の原動機付自転車人力と電動モーターの力を併用して走行する自転車
免許原動機付自転車の運転免許(普通自動車免許でも可)免許不要
車両税原付税(年間1,400円)なし
自賠責保険加入が義務付けられている加入義務なし
最高速度60km/h(原則)24km/h(原則)
長距離移動の可否可(ただし、高速道路や自動車専用道路は走行不可)可だが、メーカー車種により航続距離に差があり
雨や風の影響受ける受ける

モペットは、電動アシスト自転車と異なり、電動モーターのみでの走行が可能です。

電動アシスト自転車の分類は?

結論から言うと、電動アシスト自転車はモペットではありません。

モペットは、排気量が50cc以下の原動機付自転車です。原付免許(小型限定)があれば運転できます。

一方、電動アシスト自転車は、ペダルを漕ぐ際にモーターが補助する自転車であり、一般的にはモペットとは異なる分類とされています。ですので、原付免許は不要になります。

つまり、電動アシスト自転車は、排気量が50cc以下ではないため、モペットには該当しません。

電動アシスト自転車は、道路交通法上では「自転車」として扱われます。そのため、自転車用のヘルメットの着用や、車道通行などのルールが適用されます。モペットは「原動機付自転車」として扱われるため、自転車とは異なるルールが適用されます。

モペットの運転に必要な免許

モペットを運転するためには、原付免許が必要です。

普通自動車免許を持っていれば、追加で免許を取得する必要はありません。16歳以上であれば原付免許を取得でき、学科試験と実技試験に合格する必要があります。

学科試験では、交通規則や安全運転に関する知識が問われます。実技試験では、モペットを安全に操作できるかを確認します。免許を取得することで、モペットの運転が可能になります。

道路交通法を守ろう

モペットを運転する際には、道路交通法の遵守が求められます。道路交通法では、モペットに関する以下の規定があります。

  • ヘルメットの着用が義務付けられている。
  • 歩道や自転車道を走行することは禁止されている。
  • 車道の左側通行が原則となっている。
  • 信号や標識の遵守が求められる。

また、モペットには、車両登録やナンバープレートの装着が義務付けられています。

モペットの便利さ

モペットの最大の魅力はその便利さです。

  • 免許さえあれば運転できる。
  • 車両税や自賠責保険料が安い。
  • 小回りがきくので、狭い路地や駐車場でも運転しやすい。
  • 排気ガスが少なく、環境にやさしい。

モペットの不便さ

モペットは、以下の点で不便です。

  • 最高速度が60km/hに制限されている。
  • 長距離の移動には向いていない。
  • 雨や風の影響を受けやすい。

運転する際の注意点

モペットを運転する際には、以下の点に注意が必要です。

  • ヘルメットを着用する。
  • 歩道や自転車道を走行しない。
  • 車道の左側通行を守る。
  • 信号や標識を遵守する。
  • 飲酒運転は絶対にしない。

また、モペットは、車両登録やナンバープレートの装着が義務付けられています。

モペットの性能

モペットは、排気量が50cc以下の原動機付自転車に分類されます。そのため、原付免許(小型限定)があれば運転することができます。

モペットの性能は、以下のとおりです。

  • 最高速度:60km/h(原則)
  • 航続距離:20~60km(車種や使用状況によって異なる)
  • 車両重量:30~40kg(車種によって異なる)
  • 燃費:20~60km/L(車種や使用状況によって異なる)

モペットの最大の特徴は、電動モーターの力で走行できることです。そのため、自転車よりもラクに、バイクよりも手軽に、街中を移動することができます。また、モペットは小回りがきくため、狭い道でもスムーズに走行することができます。

モペットの航続距離は、車種や使用状況によって異なりますが、20~60km程度が一般的です。そのため、通勤や通学などの近距離の移動に適しています。また、モペットの燃費は、20~60km/L程度と、燃費性能にも優れています。

モペットは、自転車とバイクの良いところを兼ね備えた乗り物です。車の免許を持っていない人でも運転できるため、近年人気が高まっています。

運転するのに必要なもの

モペットを運転するのに必要なものは、以下のとおりです。

  • 原動機付自転車の運転免許
  • 原動機付自転車(モペット)
  • ヘルメット
  • 車検証
  • 自賠責保険証

運転に必要な保険

モペットには、自賠責保険の加入が義務付けられています。

これに加えて、任意で加入できる任意保険もあります。自賠責保険は被害者への補償を行いますが、任意保険は被害者補償に加えて、自分の車両の損害もカバーします。

任意保険に加入することで、万が一の事故が起きた際に、より充実した補償を受けることができます。特に都市部での運転では、事故のリスクが高まるため、適切な保険選びは非常に重要です。

自分は運転上手いから、転倒したりぶつかったりするわけない!!なんてことは絶対ありませんよ!!
モペットを運転するなら、任意保険への加入をおすすめします。

メンテナンス

モペットの維持には適切なメンテナンスが欠かせません。

定期的なオイル交換、タイヤの空気圧チェック、ブレーキの点検など、基本的なメンテナンスを行うことで、モペットの性能を維持し、安全に運転することができます。また、定期的なメンテナンスは、モペットの寿命を延ばすことにもつながります。

はっさー

手軽に運転できる乗り物ですが、スピードも出ます。
定期的なメンテナンスは必ず必要ですよ!転倒すると大怪我する可能性は大で、命の危険も十分考えられます。

アクセサリーとカスタマイズ

モペットの魅力をさらに高めるためには、アクセサリーやカスタマイズも選択肢の一つです。

自分の好きなようにカスタマイズするのって本当に楽しいですからね!

荷物を運ぶためのバスケットやリアボックス、雨天時に便利なレインカバー、スタイリッシュなマフラーやミラーなど、様々なアクセサリーが市場には豊富にあります。

自分のスタイルや用途に合わせてモペットをカスタマイズすることで、より快適で個性的な乗り物となりますよ!

環境への配慮

地球温暖化や大気汚染など、環境問題が深刻化する現代において、私たち一人ひとりの行動が求められています。モペットは、排気ガスの量が少ないため、環境に比較的優しい乗り物です。

また、近年普及が進んでいる電動モペットは、排気ガスを一切排出しないため、さらに環境に配慮した選択肢と言えます。

電動モペットは、静かで排気ガスを排出しないため、都市部での使用に適しています。

まとめ

モペットは、自転車とバイクの良いところを兼ね備えた、近距離の移動に便利な乗り物です。原付免許(小型限定)があれば運転できるため、車の免許を持っていない人でも手軽に始めることができます。

モペットの魅力は、なんといってもその経済性と利便性です。

自転車よりもラクに、バイクよりも手軽に、街中を移動することができます。また、小回りがきくため、狭い道でもスムーズに走行することができます。

モペットは、通勤や通学、買い物、ちょっとしたお出かけなど、さまざまな用途に活用できます。また、カスタマイズも楽しめるため、自分好みのモペットを作ることができます。

モペットに乗ると、街をもっと楽しく感じることができます。風を感じながら颯爽と走り抜ける感覚は、爽快そのものです。また、モペットなら、駐輪スペースに困ることもありません。

もちろん、モペットに乗るには、適切な免許の取得や法令の遵守、安全運転が大切です。

しかし、それさえ守れば、モペットはあなたの日常生活を豊かにしてくれる、素晴らしい乗り物です。

はっさー

モペットの魅力を、ぜひ体感してみてください。

↓↓クリックしていただけると今後の励みになります!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

当サイトで使用中のWordPressテーマ

目次