MENU
アーカイブ
はっさー
こんにちは、はっさーです。
看護師をしながらブログに奮闘中です。少しでも参考になったり、興味を持ってくれるような記事をかけるよう頑張っていきます!

【2025年1月まで】AMラジオ放送休止!その影響と未来展望

  • URLをコピーしました!
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

2024年2月からは、一部地域のAM放送が試験的に休止されます。これは、2028年秋までに多くの局がFM放送へ移行するための準備です。

AMラジオ放送終了は、技術革新やメディア環境の変化に伴う流れです。しかし、AMラジオには災害時の情報伝達や遠距離受信など、FMラジオにはないメリットもあります。

この変化は、ラジオ業界に大きな影響を与えるだけでなく、リスナーにとっても新たな聴取体験をもたらす可能性があります。FM放送やインターネットラジオなど、多様な聴取方法が普及していくことで、より多くの人がラジオを楽しむことができるようになるでしょう。

この記事では、AMラジオ放送の終了がラジオ業界にもたらす影響と、リスナーにとっての意味を探ります。

はっさー

近年、スマートフォンやインターネットの普及により、ラジオ離れが進むと言われていますが、私にとってラジオは生活の一部であり、決して欠かせない存在です。
AM放送の休止は寂しい気持ちもありますが、ワイドFMやインターネットラジオなど、新たな聴取方法にも積極的に挑戦していきたいと思っています!

目次

AMとFMの基本:放送技術の違いとそれぞれの特性

ラジオは長年にわたり、私たちの生活に音楽、ニュース、エンターテインメントを提供してきました。その核心にあるのが、AM(振幅変調)FM(周波数変調)の二つの放送技術です。

これらはそれぞれ異なる特性を持ち、ラジオ放送の未来に向けた進化の一環として、今日もなお重要な役割を担っています。

AM(振幅変調):長距離伝送に優れ、情報伝達に最適

  • 信号の振幅を変化させることによって情報を伝達します。
  • 長距離にわたる伝送が可能で、地形の影響を受けにくいですが、電気ノイズや干渉による影響を受けやすいです。
  • 音質がFMに比べて劣る傾向にあり、モノラル放送が一般的です。
  • AM放送はナイトエフェクトにより、夜間には遠距離まで届くことがあります。

FM(周波数変調):高音質でクリアな音質の追求

  • キャリア周波数の変化を用いて情報を伝送します。
  • 音質が優れており、ステレオ放送が可能ですが、AMに比べて伝送距離が短く、地形による影響を受けやすいです。
  • 電気ノイズや干渉に強く、クリアな音声を提供します。

比較の要点

  • 伝送距離:AMは遠距離伝送に優れ、FMは比較的短距離です。
  • 音質:FMは高音質でステレオ放送が可能、AMは音質が劣りますが、情報伝達のために依然として使用されています。
  • 耐ノイズ性:FMはAMに比べてノイズや干渉に強いです。

このように、AMとFMはそれぞれに異なる利点を持ち、リスナーのニーズに応じて選択されています。そして、これからも技術の進化とともに、ラジオは私たちの生活に欠かせない情報源として、その役割を果たし続けるでしょう。

AM放送:消滅へのカウントダウン?聴取率低迷と未来への不安


2023年のAM放送の聴取率は、調査機関や調査方法によって異なりますが、一般的には約10%前後と言われています。

  • ビデオリサーチ社「全国ラジオ聴取率調査」によると、2023年12月調査の全国平均聴取率は、AM放送が9.2%、FM放送が78.6%でした。
  • ニールセン社「ラジオ聴取率調査」によると、2023年12月調査の全国平均聴取率は、AM放送が8.3%、FM放送が79.4%でした。

これらのデータから、AM放送の聴取率はFM放送に比べて大きく下回っていることが分かります。

AM放送の聴取率が低下している理由

  • スマートフォンやインターネットの普及によるラジオ離れ
  • FM放送の音質の良さ
  • AM放送の受信エリアの狭さ

AM放送は、長距離伝送や災害時の情報伝達など、FM放送にはないメリットもあります。しかし、聴取率の低下は深刻な問題であり、AM放送の未来は不透明な状況と言えます。

AM放送局は、聴取率の低下に歯止めをかけるために、様々な対策を講じています。

  • 番組内容の充実
  • インターネットラジオへの配信
  • イベントの開催

これらの対策が功を奏し、AM放送の聴取率が再び上昇するのか、今後の動向に注目です。

スマートフォン普及によるメディア環境の変化

日本のメディア業界における大きな変化のひとつとして、AMラジオ放送の休止が注目を集めています。この動きは、放送業界が直面する経済的および技術的課題に対応するためのものであり、ラジオ放送の未来に向けた重要な一歩となりそうです。

2023年2月から、一部のAMラジオ局が放送を休止し、この休止は2025年1月まで続く予定です。この措置は、ラジオ局がデジタル化の波に乗り、よりクリアな音質と広範なアクセスを提供するワイドFMやインターネットラジオへの移行を検討するためのものです。休止する局の数は、全国にある47社中13社の34局に上り、NHKを除く各局が、聴取者への影響や社会への影響を慎重に検証しながら、今後の方針を模索します。

AM放送は、特に都市部での受信障害や電気ノイズに弱いという技術的な課題を抱えていました。これに対し、2010年のradikoサービス開始や2015年に始まったワイドFMなど、新しい聴取手段が登場し、ラジオのリスナーに多様な選択肢を提供しています。

経済面では、AMラジオ放送の営業収入は過去数十年で大きく減少し、この減少は放送局にとって大きな負担となっています。1991年度には2040億円だった営業収入が、2017年度には797億円まで落ち込んだことからも、この厳しい状況がうかがえます。

総務省は、この休止期間を利用して、AM放送の社会的影響を評価し、将来の放送メディアの形を模索することを目指しています。ラジオ局側も、リスナーに影響を与えることなく、より良い聴取体験を提供するための方法を探求しているのです。

この過渡期において、ラジオ局はリスナーへの周知や問い合わせ対応を強化し、変化に柔軟に対応しています。また、休止期間中も、災害情報などの重要な情報提供を確保するための代替手段を講じることで、ラジオの社会的役割を維持しようとしています。

災害時の情報伝達にも安心!AMラジオの技術的メリットと未来

AMラジオ放送の休止は、単に放送形式の変更を超えた、放送メディアとしての進化を象徴する出来事です。

一方で、AMラジオが持つ技術的メリット、例えば遠距離まで届く放送波や簡易な受信機での受信可能性は、特に災害時の情報伝達において引き続き重要です。これらのメリットを活かしつつ、デジタル化の波に乗り、リスナーにとってより良い情報提供とエンターテイメント体験を提供することが、今後のラジオ業界に求められています。

AM放送の休止という大きな一歩は、ラジオ業界が直面する大きな転換点です。デジタル化の流れの中で、新しい聴取体験を模索する契機となり、ワイドFMやインターネットラジオへの移行は、聴取者にとって多くのメリットをもたらします。これにはよりクリアな音質、災害時の情報伝達能力の向上、そしてグローバルなコンテンツへのアクセスの容易さが含まれます。

ラジオ業界は、この転換期を新たな成長のチャンスと捉え、未来に向けて積極的に進んでいく必要があります。技術的な改善はもちろん、聴取者のニーズに応える柔軟な対応が、ラジオがこれからも私たちにとって重要な情報源として機能し続けるために不可欠です。この過渡期において、ラジオ局はリスナーへの周知や問い合わせ対応を強化し、変化に柔軟に対応しています。

結局のところ、AMラジオ放送の休止という現象は、放送メディアとしてラジオがどのように再定義され、多様化していくか、その展望を探る絶好の機会を提供しています。

これからもラジオ業界の進化と、それが私たちの生活にもたらす新たな聴取体験に注目していきましょう。

コミュニケーションとリスナー体験の改善

ラジオ放送のデジタル化は、放送局にとっても新たなビジネスモデルや広告収入の機会を生み出す可能性を秘めています。放送内容の多様化や、パーソナライズされたリスナー体験の提供など、デジタル技術を活用することで、ラジオは新たな聴取者層を開拓し、さらなる成長を遂げることが期待されます。

この過渡期には、休止するAMラジオ局がリスナーと密接にコミュニケーションを取り、変化への理解と支持を得ることが重要です。リスナーにとっては、長年親しんだAMラジオからの移行は、懐かしさや不安を感じる瞬間かもしれませんが、放送局はこの変化を、より良いリスナー体験への道として積極的に伝えていく必要があります。

AM放送休止は、ラジオ業界にとって大きな転換点であり、リスナーにとっても変化への理解と対応が必要となります。放送局は、リスナーとの密接なコミュニケーションを通じて変化への理解と支持を得ることが重要です。

また、デジタル化を積極的に活用することで、より多様化した放送内容とパーソナライズされたリスナー体験を提供し、ラジオの未来に向けてさらなる成長を目指していく必要があります。

ラジオの未来:AM放送休止から始まる新時代

AMラジオ放送の休止とFMへの移行は、ラジオがメディアとして進化し続けるための重要なステップです。技術の進歩を受け入れ、変化をチャンスととらえることで、ラジオは今後も私たちの生活に欠かせない情報源として、その役割を果たし続けるでしょう。

この過程で、ラジオ放送は新たな形で再定義され、多様化し続けるメディア環境の中で、さらなる可能性を探求していくことになるのです。

AMラジオ放送の休止は、単なる形式変更ではなく、ラジオ放送の新たな時代への幕開けなのです。

まとめ

この記事では、AMラジオ放送の休止が単なる放送形式の変更ではなく、放送メディアとしての進化を象徴する出来事であることを明らかにしました。

技術の進歩を受け入れ、変化をチャンスと捉えることで、ラジオはこれからも私たちの生活に欠かせない情報源として、その役割を果たし続けます。

この過程でラジオ放送がどのように再定義され、多様化していくのか、その展望を共に見守っていきましょう。

はっさー

FM放送はもちろんAM放送に比べ、クリアな音質で聞きやすいのですが、AM特有のノイズや音質が懐かしくて好きです。
学生の頃は、夜に遠くの局を聞くのが楽しみでした。偶然珍しい番組に出会ったり、遠くの雰囲気を感じたり。AM放送の独特な魅力はこれからも大切にされていくべきだと思います!

↓↓クリックしていただけると今後の励みになります!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

当サイトで使用中のWordPressテーマ

目次