MENU
アーカイブ
はっさー
こんにちは、はっさーです。
看護師をしながらブログに奮闘中です。少しでも参考になったり、興味を持ってくれるような記事をかけるよう頑張っていきます!

SSD化で驚くほど快適に!昔のノートパソコンを再び活用しよう

  • URLをコピーしました!
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

今部屋の片隅に眠っている古くなったノートパソコンが眠っていませんか?

最新のゲームや本格的な重い動画編集などしない限り、まだまだ使用できる性能を持っているかもしれませんよ?僕が使用しているノートパソコンは5・6年前に中古で購入し、1万円ぐらいでした。

普段はデスクトップPCを使用しており、購入した中古PCは主にレポート作成に使うため購入したものです。

ハードディスクからSSD換装を考えた理由は?

・ノートPCでも、ブログ記事を書きたい

・外でパソコン作業したい

・SSDへの変更が一番手っ取り早く、性能アップに期待できる

・SSDに変更することで、どれだけ快適になるのか興味が出てきた

CPUやグラフィック関連の変更は無理そうというか、さすがにそこまでする必要なし。

メモリは最大の5GBが入ってるので増設は不可能。他に選択肢がないともいえます。

それでは、HDDからSSDへの交換作業をやっていきます!

目次

NEC製|VersaPro UltraLiteタイプVC VY10G/C-A PC-VY10GCZ7A

はっさー

今回は、この古いノートPCのハードディスクをSSDに交換していきます。

基本情報

製品名VersaPro UltraLite タイプVC VY10G/C-A PC-VY10GCZ7A
製品概要Corei7 620UM/1.06G 1G 160G 12.1TFT UXGA WinXP Pro
注釈最大12.4時間駆動の強靭なスタミナと高機動性を両立した軽量モバイルノート
発売日2010/05/11

スペック

カテゴリDOS/V
タイプNote
CPU名称Core i7 620UM
CPUクロック1.06GHz
最大CPU1
チップセットIntel QS57 Express
プレインストールOSWindows XP Professional SP3
セカンドキャッシュ[容量] 256K×2
メモリ[標準容量] 1G (単位 MBまたはB)
メモリ[最大容量] 5G (単位 MBまたはB)
メモリ[オンボード容量] 1G (単位 MBまたはB)
メモリ[タイプ] DDR3 SDRAM PC3-8500 SO-DIMM(PC3-6400動作)
メモリ[スロット数] 1
メモリ[空スロット数] 1
メモリ[増設単位] 1
純正対応メモリ1GB:PK-UG-ME534 2GB:PK-UG-ME535 4GB:PK-UG-ME536
標準HDD[容量] 160G
標準HDD[接続IF] Serial ATA/300
標準HDD5,400rpm
PCカードスロット数TYPEI/II×1
PCカードスロット規格PC Card Standard準拠
CardBus
ZVポート×
メモリメディアスロットSDカードスロット×1
グラフィックコントローラIntel HD Graphics
グラフィックコントローラ[実装形態] CPUに内蔵
VRAM容量最大256MB、メインRAM共有
出力仕様UXGA
最大解像度1600×1200(1,677万色)
TVチューナ×
ビデオキャプチャ×
サウンドコントローラ
サウンドコントローラ[機能] Intel High Definition Audio準拠
NIC
LANポート1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T(Remote PowerON)
モニタポートミニD-Sub15ピン×1
USBポートUSB2.0×4(右側面×3、左側面×1)
付属ディスプレイ_画面サイズ12.1 インチ
付属ディスプレイ[仕様] ワイドTFTカラー、UXGA、1600×1200(1,677万色)
外形寸法[幅] 283 (単位 mm)
外形寸法[奥行き] 210 (単位 mm)
外形寸法[高さ] 25 (単位 mm)
重量0.868 (単位 Kg)

購入時、このノートPCを選んだのは、コンパクト(軽さ)が一番の理由なります。

暑さは25mmとありますが、最軽量時の重量ですが 0.868 (単位 Kg) です。とにかくめちゃくちゃ軽いです!

はっさー

そして、この角張った無骨な感じが好きなんです。

ノートパソコン

いかにも昔のビジネスノートPCですよね。
キータッチは適度なストロークがあり好みなのです。

今回交換するSSD|SanDisk 内蔵 SSD 2.5インチ / SSD Ultra 3D 500GB

サンディスクSSD

このSSDを選んだ理由は、大手メーカーゆえの信頼性です。ネット販売では、多数のSSDが販売されています。購入するときに、性能はもちろん評価などを見ますよね?

すぐ壊れた、商品説明通りの速度を発揮しないなど、コメントに書かれていることも多いです。もちろん、大手メーカーで購入しても、当たり外れはありますけれど。

それでも、誰でも一度は聞いたことのある大手メーカーのこれまでの実績を信じて購入するのです。

はっさー

正直、今回のノートPCのSSD換装が少し面倒そうなのです。
再々バラしたくないので、なるべく外れ商品を引きたくないという理由で選びました!

SanDisk Ultra 3D 500GB SSDは、最大560MB/sのシーケンシャル読出し速度と最大530MB/sのシーケンシャル書込み速度を備えた、高速な内蔵SSDです。また、最大95,000 IOPSのランダム読出し速度と最大84,000 IOPSのランダム書込み速度も備えています。これらの速度は、従来の7200 RPM SATA 2.5インチハードドライブよりも大幅に高速です。

SanDisk Ultra 3D 500GB SSDは、3D NANDテクノロジーを採用しており、従来のNANDテクノロジーよりも耐久性と信頼性に優れています。また、3年間の保証またはTBW評価が付いています。

全体として、SanDisk Ultra 3D 500GB SSDは、高速で信頼性の高いドライブが必要なユーザーに適した高性能SSDです。

作業手順はYouTubeから

まずはSSD交換手順の記事をざっと読みました。

このパソコンの後継機種ではSSDの交換ができるようになっていたのですが、この VersaPro タイプVC VY10G/C-A は両面テープで接着されたキーボードを外したりと、正直面倒な感じでした。

はっさー

これ絶対個人でのHDD・SSD交換のことは考えてないな。

もともと法人向けのノートPCみたいだから、内部の交換まで考えてないのかもね。

これ大丈夫かな?とも思いもしましたが、今はほとんど使ってていし、勉強?にもなるかなと考え、チャレンジ精神で挑むことにしました!

SSD交換前のハードディスクRead・Writeデータ転送速度

標準装備されていた、ハードディスクの転送速度になります。

転送速度の測定結果

遅い・・・遅すぎる!

スペック的にしょうがないのかな。

SSDへの換装作業開始

HDDの取り外し

ノートパソコン

ノートパソコンを裏返し、バッテリーを外します。

裏面の11か所のネジをプラスドライバーで外したら表面に戻します。

ノートパソコン

赤い印の個所をマイナスドライバーで下に押し下げます。

ノートパソコン
SSDへ交換作業中

キーボードをヘラみたいなものか手で、まさに剥ぎ取っていきます。

強力な両面テープで引っ付けてあるので慎重にゆっくり剥がさないと、キーボードに歪みが残ります。

写真のように折り曲げるようなやり方をしては歪んでしまいます

よく分からずに剥がしていったので、元に戻したときキーボードが平面でなく少し歪んでました

僕はそれほど気にはならないタイプなので、神経質な方は本当に慎重に作業して下さいね。

キーボード全体が取れるとこんな感じです。すでに歪んでいるのが分かります。

SSDへ交換作業中

赤印の4か所のネジを外します

青印の3か所の配線を外します。

そうすると黒いカバーが外れます。

配線は特にやさしく慎重にね

SSDへ交換作業中

HDDに繋がっている配線を抜き、HDDを取り外します。

クローン作成

前回メインPCのときに使用した、玄人志向のKURO-DACHI/CLONE/U3を使いクローンの作成をします。

SSDクローン作成

HDD1にコピー元のHDDをセットします。

HDD2にコピー先のSSDをセットします。

あとはCloneボタンを3秒長押しすれなコピーが始まります。

今回のHDDの使用領域は約160GB。特にエラーもなくコピー時間は約1時間10分で終了しました。

電源を切り、イジェクトボタンを押しSSDを取り外します。

SSD交換作業

コピーの終了したSSDに配線を差し込み、HDDのあった場所へセットします。

あとは今までの手順を逆に組み立てていけば終了になります。

作業自体は複雑ではなく、面倒なだけです。

しかし、快適になると思えば頑張れます!!

SSD交換後にパーティションの設定を多少しなければならない場合があるのですが、今回はすんなり普通に起動しました

SSD換装後のデータ転送速度パワーアップ結果

こういう結果になりました!

データ転送速度結果
はっさー

確かにシャアザクをも超える5倍ぐらい早くなってるけど、550MB/秒前後の読み書きができるはずでは?

・・・このパソコンの古さを忘れてるよね?
このノートパソコンのインターフェース、SATA2.0 (3Gbps) だから

今どきのパソコンだと、SATA3.0 (6Gbit/秒) なので550GB/秒前後の結果になったはずなんだけど、残念!

はっさー

動けジオ!ジオ、なぜ動かん!

まとめ

このSSD本来の性能を発揮できなかったのは残念ですが、パソコンの古さを考えれば十分なレベルアップですね。

体感的にも、あきらかに早くなっていると感じますし。

HDD:起動時間1分20秒、シャットダウン35秒

SSD:起動時間25秒、シャットダウン11秒

交換作業の所要時間は、クローン作成時間の1時間10分を入れても2時間かかってないぐらいです。

情報量も少ないため失敗も色々ありましたが、楽しかったですね!

ハードディスクからSSDへの換装すると、体感できるほどのパワーアップを感じます。まだハードディスクで頑張っている方がいれば、ぜひSSDに変更してみて下さい。

その速さに感動するはずです!

↓↓ブログランキングに反映されるために、バナーをクリックしていただけると嬉しいです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

当サイトで使用中のWordPressテーマ

目次