MENU
アーカイブ
はっさー
こんにちは、はっさーです。
看護師をしながらブログに奮闘中です。少しでも参考になったり、興味を持ってくれるような記事をかけるよう頑張っていきます!

【Windows11】アップグレードできない?パーティションスタイル(MBR・GPT)を確認!

  • URLをコピーしました!
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

【Windows11】アップグレードできない?パーティションスタイル(MBR・GPT)を確認!

Windows11にアップグレードするには、まず自分の使用しているパソコンがアップグレードに対応しているのかどうかを確認しないといけません。

最近のパソコンであれば、ほぼ間違いなく対応しているはずですが、旧型のPCや自作PCではWindows11にアップグレードできない可能性は十分あります。まずはMicrosoftのPC正常性チェックアプリで確認する必要があります。

僕は、マザーボード交換時にWindows 10を再インストールした際、MBRでインストールしたために、性能面は問題なかったものの、パーティションスタイルがGPTでなかったため、Windows 11へのアップグレードがすぐにできなかったという経験があります。

はっさー

その時のショックと言ったら・・・

今回の重要POINTは?

Windows10からWindows11にアップグレードするためには、ストレージのパーティションスタイルをMBRからGPTに変換する必要がある。
または、再インストールし直すときにパーティションスタイルをGPTにするです。

目次

Windows10からWindows11へ|アップグレードへのシステム要件

まずは、Windows 11アップグレードに必要なシステム要件を表にまとめました。

Windows 11をインストールするためには、以下の最小システム要件を満たす必要があります。

お使いのPCがこれらの要件を満たしていない場合は、Windows 11のインストールができませんので、新しいPCの購入を検討するか、お使いのPCがWindows 10を実行している場合はPC正常性チェックアプリで互換性を確認する必要があります。

要件カテゴリ要件詳細
プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ4 ギガバイト (GB)
ストレージ64 GB 以上の記憶装置
システム ファームウェアUEFI、セキュア ブート対応
TPMトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックス カードDirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ
インターネット接続と Microsoft アカウント初期設定時にインターネット接続と Microsoft アカウントが必要(Windows 11 Pro と Home)、更新や一部機能使用時にもインターネットアクセス必須

アップグレードには、デバイスがWindows 10、バージョン2004以降を実行している必要があり、[設定] > [更新とセキュリティ]のWindows Updateから無料の更新が利用可能です。この要件リストは、お使いのデバイスがWindows 11にアップグレードする準備ができているかどうかを確認するのに役立ちます。

はっさー

調べた結果、Windows 10からWindows 11へのアップグレードプロセスでは、ストレージのパーティションスタイルをMBR(Master Boot Record)からGPT(GUID Partition Table)に変換する必要があることが分かったのです。

この変換は、Windows 11のセキュリティ要件を満たすために必要です。

パーティションスタイルとは?MBR・GPTの違い

パソコンのパーティションスタイルとは、ハードディスクやSSDなどのストレージデバイスをどのように分割して管理するかを定義する方式です。

主なパーティションスタイルには、MBR GPT の2種類があります。

MBR (Master Boot Record) とは?

  • 従来のパーティションスタイル
  • 最大4つのプライマリパーティションを作成可能
  • 2TBまでのディスク容量に対応
  • 古いOS (Windows XPなど) でのみ認識可能

GPT(GUID Partition Table) とは?

  • UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) に対応した新しいパーティションスタイル
  • 最大128個のプライマリパーティションを作成可能
  • 2TB以上のディスク容量に対応
  • Windows 10や11など、最新のOSで必須

なぜMBRからGPTへの変換が必要なのか?

Windows 11のインストールにはUEFIファームウェアとセキュアブートが必須ですが、これらはGPTパーティションスタイルでのみ完全にサポートされています。MBRは古いパーティションスタイルであり、新しいセキュリティ機能や大容量ドライブのサポートに制限があります。

GPTはより現代的で、より多くのパーティションとより大きなドライブサイズをサポートしています。また、セキュアブートはシステムを不正なソフトウェアから保護し、Windows 11のセキュリティ基準を満たすために必要です。

簡単に言うと、GPTは古いMBR方式に比べて「より多くのデータを、より安全に、そしてより効率的に」管理できる新しい方式です。
Windows 11はこの新しい技術をフルに活用するために、ストレージデバイスがGPT形式であることを要求しています。
これにより、より高速で安全なコンピュータ使用体験を提供することができるのです。

では、今使用しているPCのストレージがMBRなのかGPTなのかを確認していきましょう!

Windows 11のシステム要件確認

まずは、MicrosoftのサポートページからPC 正常性チェック アプリをダウンロードします。

STEP
まずは、MicrosoftのサポートページからPC 正常性チェック アプリをダウンロードします。

PC Health Check」をクリックしてページに移動します。赤カッコをクリックしすると、自動的にダウンロードが開始されるので、その後インストールします。

STEP
PC 正常性チェック アプリを立ち上げる
STEP
今すぐチェックをクリック
STEP
すべての結果を表示をクリック
STEP
システム要件を、全て満たしているか確認

僕は、このようにセキュアブート云々のところが対応していませんよ!と表示されました。

パソコンのパーティションスタイル確認手順

Windows10での手順になります。

STEP
コントロールパネルをクリック
STEP
システムとセキュリティをクリック
STEP
管理ツールをクリック
STEP
コンピューターの管理をクリック
STEP
ディスク0を右クリック
STEP
プロパティをクリック
STEP
ボリュームを選択し、パーティションのスタイルがMBRかGPTか確認

この手順で、自分のストレージがMBRなのかGPTなのか判明したと思います!

MBRからGPTへ!パーティションスタイル変換方法

幸い、Microsoftはこの変換を簡単かつ安全に行うためのツールを提供しています。「MBR2GPT」というツールです。これはWindows 10に組み込まれており、コマンドラインから実行できます。

変換プロセスはデータを保持したまま行われるため、ファイルをバックアップする必要はありませんが、念のため事前にバックアップを取ることをお勧めします。

変換後のチェックポイント

変換後は、BIOS設定(またはUEFI設定)にアクセスして、ブートモードがUEFIに設定されていることを確認する必要があります。

これにより、システムがセキュアブートに対応し、Windows 11のインストールが可能になります。

Windows 11へのアップグレードを考える際、システム要件を満たしているかどうかを確認することは非常に重要です。特にSSDのパーティションスタイルをMBRからGPTに変換するステップは、安全かつスムーズなアップグレードに不可欠です。

Windows10→11へのアップグレード:まとめ

Windows 11へのアップグレードは、新しい機能やセキュリティの向上など、多くのメリットがあります。しかし、アップグレードにはいくつかの要件を満たす必要があり、特にストレージのパーティションスタイルがMBRの場合、GPTに変換する必要があります。

はっさー

パソコンで作業していると、色々と問題が出てくることがありますよね。大変なこともありますけど、自分で調べ解決できた時の達成感は意外と好きです。

本記事では、MBRとGPTの違いや、MBRからGPTへの安全な変換方法、変換後のチェックポイントなどを解説してみました。少しでも参考になれば幸いです!

↓↓クリックしていただけると今後の励みになります!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

当サイトで使用中のWordPressテーマ

目次